第248回定期演奏会の練習が始まりました。 休憩中、合唱団の方が声をかけてくださり、兄の演奏会へ行ったというお話をしてくださいました。兄が逝去して10年以上経ちますが、今もなお覚えててくださる方がたくさんおられることに感動し、嬉しかったです。

兄は2枚のCDを残しています。そのCDには、「命はいちどだけなんです。だから輝いているのです。 そのいのちによって音楽が生まれたり、 こうして映画も生まれたりする。 なんてすばらしいことだと思います。 本当に一度きりの命、 大事なものだっていうことを感じてほしいです。 いのちがあるから、感動が生まれるのです。」 というメッセージを残しています。

その命の限り音楽に向き合った、兄の音楽家としての人生を本当に尊敬しています。
僕もその思いと情熱を忘れず、頑張ろうと思います。