昨晩、久しぶりに兄の夢を見ました。 僕もタキシード、兄もタキシードを着ていて、 本番直前の舞台袖で会うという夢でした。 大きくなった自分と、変わらない兄と会うのは少し不思議な感じでしたが お互いに再会を喜び、肌の温もりも感じ、そんなあたたかい夢を見て目が覚めました。

夜は小谷口さんのリサイタルにお伺いしました。 プログラムの最後に葉っぱのフレディという絵本を、 語りと一緒にクラリネットとピアノで演奏されました。 生きるとは、死とは何か、きっと誰もが問いつづけながらその命を生きているのだと思います。   音楽は純粋なものだということを噛み締めながら、 音楽と、自分自身と向き合っていきたいと思います!    

  多肉君たち、春が来てこんなにぐんぐん成長してきました!🌱

0